更新 2017/8-25

 近頃は、ワープロやパソコンで手紙を書く、便利でラクチンな時代になりましたが、どうもビジネスライクで味気がなく、ちょっとさびしいですね。

   子や孫に、そして身近な親しい人に、
                             あなたの思いを一言添えて絵手紙してみましょう。
 
下手でいいのです! いや、下手がいいのです!     

季節の花や、旬の野菜・果物、その絵が、その一言がほのぼのと心の温まる、つまり、心のかよう便りになるのです。


  
  
月例会 : 毎月第4水曜日 午後1時~3時
  場 所 : 社友会会議室
  入 会 : 随時
  入会金 : なし
  世話人 : 帯谷鉄雄、谷上信雄、阿古くみ子
  会 費 : 月500円(但し、用具類は各自用意する)
  指 導 : 志葉 武先生(社友会NO.3838)

  
      【今後の入会について】

    
         4月現在2名程度募集中ですのでお気軽に見学下さい。

        入会のお申し込み及びお問い合わせは、社友会室まで。
                TEL/FAX 06-6625-3171
               お申し込みは社友会のメールからでも出来ます

     ☆次回の定例会は9月27日(水)です

       

会員名簿                                                        (2017.2月現在)
   3 8 3 8    志葉    武(講師)      (832) 前野 美子       (1534) 阿古 くみ子 
(2394) 三田 悦子       2471  帯谷 鉄雄        (2471) 帯谷 克代
  3350  重春 寿一        (3367)  小林  市子      4706     谷上 信雄   
  5290  氏野 起三輝     (5688) 西田 康江    

8月有志ギャラリー
中途半端な今年の天候
でも 楽しい夏祭りは
幾つになっても懐かしく
楽しいものです!

さあ日々の暑さにも負けず
今日も張り切って挑戦です!


青い蜜柑に青春を感じます!  食卓の彩役一番 そして旨い!
蔓を美味しく料理して夏バテ防止よ!  茗荷や大蒜も感じ方色々です! 
旬の野菜を頂ける喜び! ほのかな色づきが色っぽいのです!
立派な筍?では有りません 初参加者の迫力ある処女作です!
 
   


メッセージを自由な我流川柳で


 
 
踊り子の
  鼓動昂る
   締太鼓
 楽しい盆踊りは
  太鼓の心地よい響きで
   踊り子が気持ちよく弾けます!
 


 活動内容


今は長寿の時代だ、六十過ぎたら苦手なこともやってみると
意外に面白い!
 絵が苦手、書が苦手・・・ そんなの関係ない
(どこかで聞いたセリフ)  
 今からが絵手紙のスタートだ。
 何も苦手に思う必要ない、ヒョッとすると絵手紙では
新しい自分発見があるかも?

     
それとお孫さんと「絵手紙遊び」のふれあいでは
同じ目線でお絵かきと会話が楽しめるのも満足度一番
  とにかく楽しくて面白い・・初心者の方も思い切ってレッツトライ!
  
             お互いに一生感動・一生青春
目指しましょう

大人の絵日記

 




   日々の思わぬ気づきもしっかり書き留めておかないと
すぐに消えてしまいそう
出来ればその日の感動を絵日記風に残してみよう!
きっと キット明日には
思わぬ感動の1ページになっているのかも・・・



なんやね
上手くなろうとか、これでどうにかしようかいなとは思ってません。
だから本当に気楽でめちゃ楽しいんです。
兎に角楽しいだけで続いているんです。
お陰様で、絵手紙を始めて好奇心が衰えなくなった気がして日々元気に色んなことにもチャレンジ出来てます・・・

(ある日のつぶやき)

                                            

                      夏は青春切符の本番です(7/20~9/10) 
                 青春切符から始まる絵手紙の世界へ!!

これからの余生を、どの様に輝いてみようかな?
 と思われてる皆様
思い出してください・・かつての青春時代
入社したとき自分の未来に押さえきれないあの胸のたかまり、
期待の掛かった仕事に打ち込む全身から煮えたぎる情熱、
そしてしっかり取り組んだときの迸る汗等々・・ああ青春
これからは、自分探しを兼ねて、蘇る青春を呼び込みましょう。

  自分自身

   ・何か日々に刺激が欲しい
 ・何かに感動してみたい
      ・何か新しい発見をしてみたい
       ・知らないところへ行ってみたい

  そして何かを感じて、何かを見出す「きっかけづくり」

     ・凄い 美味しい地元の肴と地酒を見つけた
                 
・なんや 世間に知られてない、素晴らしい桜の眺望場所発見!

         ・イヤー こんな見事に染まる紅葉を初めてみた!
 ・わあ こんな手作りは 初めて体験
          
・感激 地域の暖かいもてなしに癒される!     

それぞれの実践活動から生まれ出てくる好奇心が、探求心が
今までには無かった「見知らぬ新しい世界」を拡げるかも・・

これら全てが絵手紙を始めるきっかけに!


     日本絵手紙協会にリンクします
     
協会