SHARP
シャープ社友会 会員情報
更新日:2017年11月21日
社友あれこれメッセージ : 最新の記事
嶋田さんの 写真集「季節の便り」”秋の便り”より
 このページは、元職場の仲間との交流、お住まいの地域や友人との趣味
 の会等で活躍されている様子を社友会員の皆様に紹介し、共感と勇気を
 呼び起こすページです。
・会員の皆様の「活動の姿を多くの社友の皆様に知らせたい」・・・
 そんな時はこのページをご活用ください。
・所属されているクラブでの活動や展示会の案内、社会貢献活動、旅行記、
 ご自慢の作品(絵画・写真など)といった情報を掲載しています。
 ※社友会同好会主催の催しの紹介は 同好会のホームページに掲載しています。
★「社友あれこれメッセージ」への投稿をお待ちしています。
 詳しくは「投稿のご案内」の「投稿のお願い」のページをご覧ください。
 投稿の方法や規定に関しては「投稿の規定」のページをご覧ください。
小島さんの 写真集「名山案内」第三・第四章より

 star このページのスライドショーは、「会員の写真集」 ・嶋田博次さんの写真集「季節の便り」 ・小島誠孝さんの写真集「名山案内」の縮小版です。
   写真集のページでは、大きなサイズの写真を再生時間2~10秒可変のスライドショーでご覧いただけます。(オルゴールBGMも選べます)
 ※タイトル(青字の部分)をクリックすると、記事にジャンプします。
金井 猛さん(5158)から
掲載日:2017年11月21日
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年11月15日
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年11月12日
廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2017年11月 4日
内海春樹さん(2579)から
掲載日:2017年10月26日
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年10月13日
嶋田博次さん(5108)から
掲載日:2017年10月12日
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年 9月13日
荒川泰蔵さん(1306)から
掲載日:2017年 7月 1日
猪崎 徹さん(3710)から
掲載日:2017年 7月 1日
村木一三さん(4740)から
掲載日:2017年 6月28日
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年 6月10日
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年 6月 6日

※掲載開始から1か月以内の記事・展示会等の催しが終了前の記事は、new!と記載しています。
※掲載開始から6か月経過した記事、 展示会等の催しが終了した記事は、「最新の記事」のページから各年度の投稿記事のページに移動しています。
※2013年投稿の記事は、社友会で保存しています。  ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
最新の記事を表示中です

 ☆ ぐんま便り(6) 春キャベツを定植しました new!
金井 猛さん(5158)から
掲載日:2017年11月21日
 甘味があって柔らかいのが特徴の「春キャベツ」ですが、冬キャベツとはどう違うのでしょうか?

【春キャベツ】・・・旬の時期:3月~7月頃
 春キャベツは葉が薄くてやわらかいので、サラダなどの生食におすすめです。
 水分が多く水っぽくなりやすいので、生でそのまま炒めたり、和えたりはあまり向きません。
 一度さっと茹でてから炒め塩もみをして水分を出してから和えるなど、水っぽくならないようひと手間かけると美味しく食べられます。

【冬キャベツ】・・・旬の時期:7月~3月頃
 冬キャベツは葉が締まっていて硬くて厚いのが特徴。 生食で食べる場合には千切りにすると硬さが気になりません。
 ロールキャベツやお好み焼きなど加熱調理する料理に向いています。
 我家では冬キャベツが順調に育っており早ければ年内にも収穫できるかと思いますが、私の妻は冬キャベツを余り好みません。
 どちらかというと春キャベツが好きなので、この時期になると春キャベツを定植します。

 今日は一緒にレタスも定植しました。
 最近スーパーでは葉物野菜が高騰しており、少しでも家計の負担を少なく出来ればと汗を掻いております。
 ※作業手順は春キャベツと同じ要領です。  特集「ぐんま便り」を御覧ください。
photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎金井さんの特集:「ぐんま便り」のページもご覧ください。  >特集:「ぐんま便り」
◎金井さんの写真集:「ぐんま便り」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「ぐんま便り」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第29回でいご有志の会(沖縄シャープOB会)を開催しました new!
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年11月15日
 私は1977年(昭和52年)7月から1982年(同57年)6月まで(株)沖縄シャープクレジットに勤務
していました。 赴任当初は車は右側通行でしたが、翌年の1978年(同53年)7月30日に現代の
左側通行に変更になりました。 亜熱帯沖縄で管理全般を担当し、財務改善に努めた日々が
懐かしく思い出されます。かつて沖縄シャープで勤務した同志達が年に2回集まり旧交を温めて
います。 会の名前は、沖縄の県花「でいご」photoから「でいご有志の会」と名付けました。
 今回は、10/28(土)18:00~20:30に、難波1丁目の民芸酒房・牧水(ぼくすい) photoに7名=
志葉武様(幹事)・松永明様(顧問)・平岡清様・西森龍雄様・福谷博巳様・榎公介様・崎山喬 が
集まり、各人の沖縄シャープ勤務当時の状況や、最近の絵手紙・ジョギング・ゴルフ・絵画を
楽しまれている等皆さんの近況photo を語り合いました。 皆様お元気で活動されています。
photo
ポイントすると名前が表示されます☞  お名前?photo
次回は、2018年4/14(土)に開催を決定して散会しました。 ※緑色の文字の部分にマウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第28回でいご有志の会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第76回 シャープOB「二水会」を開催しました new!
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年11月12日
 シャープOB二水会が第76回目を開催致しましたのでご紹介致します。
今回は、岡村和子さんが幹事を担当され、11月8日(水)に開催致しました。

 午前10時に生駒ケーブル「鳥居前駅」に8名が集合。
久し振りのケーブルカーに乗車し、「生駒山上」まで行きました。
 しかしながら当日は小雨の為「生駒遊園」は周辺を散策するだけに留めケーブルカーで下山し、
「梅屋敷駅」で下車「宝山寺」に向いました。

 ここでも小雨の中でしたが宝山寺を参拝の後、坂道を下りながらケーブル「宝山寺駅」から再度
乗車し出発駅まで戻り昼食場所の「生駒近鉄百貨店・月日亭」に入りました。

 会食中では、山下信夫さんから「ボケない為の9割の法則」photo 「血液検査データからわかること」
などの資料をご提供いただき、健康維持のお話をして頂きました。
又参加の皆さんの近況報告など2時間余りの有意義なひと時を過しました。
※緑色の文字の個所は、マウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます

 最後に山下さんからのご提言もあり「全員100歳の長寿を目指して頑張ろう」と。

 当面は当会の80回開催(再来年の3月開催)を目指し、最終的には「100回の開催を目指そう」を
合言葉に頑張る事を誓い合い散会致しました。
photo
ポイントすると名前が表示されます☞ お名前? photo photo
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第75回シャープOB二水会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆時の流れを訪ねて(5) 東海道本線今昔物語 new!
廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2017年11月 4日

「だんぢり」で有名な大阪府岸和田生まれの廣田です。
 戦後の不況時に当時の「早川電機工業」へ入社しテレビ試作に
 従事、以来退社する迄ずっとテレビ畠でした。 現在は社友会
 のSSフォトクラブ・アマチュア無線同好会で楽しんでいます。 JQ3IEM
photo ポイントするとPOPUP表示します ☞ 新快速の車窓から photo
 東海道本線は、東京から横浜・名古屋・大阪などの各都市を経て神戸までを結ぶ
 全長589.5 kmの路線です。
 路線のうち新橋-横浜間は日本最初の鉄道として1872年(明治5年)に開業しました。
・1889年(明治22年)に新橋-神戸間の全線が開業して首都圏と京阪神とが鉄道で結ば
 れました。
 その後山間部でのルート変更などを経て現在の東海道本線が出来上がっています。
・1896年(明治29年)には新橋-神戸間の急行列車の運行が開始され、1900年(明治33
 年)には寝台車、1901年(明治34年)には食堂車の連結も開始されています。
・1906年(明治39年)には最急行が登場し、1909年(明治42年)には新橋-神戸間が12
 時間50分にまで短縮。
・1912年(明治45年)に特別急行(特急)が新橋-山陽本線下関駅間で運行されました。
・1928年(昭和3年)までに東京-熱海間の電化が完成、それまでの蒸気機関車に代わる
 電気機関車の運用も開始されました。
・1929年(昭和4年)には初めて愛称つきの特急「富士」「櫻」が、1930年(昭和5年)
 には超特急「燕」が登場。
・1934年(昭和9年)には丹那トンネルが開業し、「燕」の東京-神戸間は8時間37分
 となりました。  ※以下はスクロール表示です。
・1937年(昭和12年)7月には特急列車が1日5往復体制となり、このときが戦前における東海道本線の黄金期とされます。
 しかし日中戦争、太平洋戦争が始まり戦時体制下となると、様々な物資を運ぶために貨物列車が増発・長編成化されて、代わって特急列車は
 廃止され寝台車や食堂車も消滅しました。 1945年に入ると連合国軍機による空襲や機銃掃射によって駅や線路・車両が破壊されました。
・日本は敗戦を迎え、その後の混乱期には、電力不足や蒸気機関車を動かすための石炭も不足した上に、連合国軍専用車両の導入などもあり
 列車ダイヤは乱れ、特急・急行や一等車・二等車がまったく走らないという事態になり、客車不足のために貨車による旅客輸送が行われたり
 もしました。
・1948年(昭和23年)に急行列車が復活。 1949年(昭和24年)に日本国有鉄道が発足、戦後初の特急列車「へいわ」が運行開始、電化区間も
 沼津駅から西へ延び所要時間も戦前の水準にまで短縮されました。
・1956年(昭和31年)、東海道本線全線の電化が完成、特急「つばめ」「はと」は東京駅-大阪駅間7時間30分となりました。
・1958年(昭和33年)には寝台列車(ブルートレイン)が運行を開始、電車特急「こだま」が運行を開始し、東京駅-大阪駅間を6時間50分で
 結びました。
・1960年(昭和35年)には「つばめ」「はと」も電車化されました。
・貨物列車では1959年(昭和34年)に高速コンテナ列車「たから」の運行が開始しました。
・このころ高度経済成長や東京オリンピックの開催決定を受け輸送力増強のための線増計画が持ち上がり、標準軌による別線建設が決定。
 1959年(昭和34年)に着工が始まり、これが東海道新幹線となりました。
・1964年(昭和39年)10月1日、東海道新幹線東京駅 - 新大阪駅間が開業。 これによって東京-京阪神間輸送の主役は新幹線に移ったため、
 在来線と呼ばれるようになった東海道本線では地域輸送主体の路線に変化していきます。
・1987年(昭和62年)4月1日に行われた国鉄分割民営化によって、東海道本線は旅客3社と貨物1社に経営が分かれ、各社の地域事情に合わせ
 た輸送改善が行われる様になりました。


 ※ 写真をクリックすると、今昔の対比写真が表示されます。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
 ※写真は、平野義夫さん(1131)から提供して頂きました。
京阪神地区(JR/私鉄)路線図のPDF(PDFビュアーで拡大可能)

◎連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のページもご覧ください。  >連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
◎写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 平成29年「三六会」秋季宿泊旅行 “南紀勝浦” new!
内海春樹さん(2579)から
掲載日:2017年10月26日
昭和36年3月6日入社、平野工場に配属された仲間で作った「三六会」。 今年も56年目の宿泊旅行を行いました。

 10月17日天王寺駅から、“特急くろしお” で一路南紀勝浦へ。
車中では、今年で “後期高齢者” になる事から、運転免許の “痴呆テスト” やシャープの健保から国民健康保険に変る話で大いに盛り上がる。
夕刻、“ホテル浦島” に着く。 4つの建物に7ケ所のレストランと5つの温泉があり、全体で1,500人の客を収容できるマンモスホテル。
早速、紀州の殿様が名付けた事で有名な大洞窟温泉 “忘帰洞” を始め4か所の温泉めぐりを行う。 ☞ 温泉めぐりのスタンプphoto(POPUP表示します)
天候が悪く海は大荒れで、洞窟の中まで波しぶきが入って来るのは大迫力。 温泉めぐりをすると景品として “薬用入浴剤” がもらえた。
その後、食事処で魚料理を中心とした会席料理と美味しいお酒を戴く。 それぞれの趣味や野菜作り、身体の衰えなど話題は尽きない。

 二日目はホテルの前から観光船に乗り “紀の松島巡り”。
太平洋の荒波の中、美しい島々や “らくだ島・ライオン島” など奇岩が次から次へと現れる。
約1時間のクルージングを楽しみ、勝浦漁港の市場で出荷するマグロを見たり足湯につかって風景を眺めた後、昼食。
マグロ料理専門店で、 “マグロ尽くし” を堪能。 来年の旅行の行先、日程、皆の健康を確認し又特急で大阪に向かった。
photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 三六会 55周年記念旅行 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第15回栃木すずらん会(SFC宇都宮支店OB会)を開催しました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年10月13日
 「第15回栃木すずらん会(SFC宇都宮支店OB会)」を2年ぶりに開催しました。
9/16(土)~18(月・敬老の日)の行程で、山口方面に旅行しました。

 台風18号の西日本上陸で当初の計画から変更はありましたが誠に意義を感じた山口旅行でした。
OB7名(青山全男様・渡邊勝司様・金子孝昭様・金井猛様・西谷俊充様・室井孝一様・崎山喬)と
現役2名でお互い健康であることの喜びを感じつつ全員無事に楽しく観光することができました。

・9/16(土):秋芳洞・秋吉台を観光後に、湯免観光ホテル「ゆめの郷」にて、ふぐ・アワビ会席
 を堪能・歓談しました。

・9/17(日):元乃隅(もとのすみ)稲成神社~角島大橋~水族館・海響館~海峡ゆめタワーを観光
 し、さかなやの酒場で夕食後、プラザホテル下関に宿泊しました。

・9/18(月):巌流島~北九州市門司~関門海峡~壇ノ浦古戦場を観光し、唐戸市場にて昼食後
 新下関駅より帰宅の途につきました。

 SFC宇都宮支店勤務の昭和61年2月 大雪の中で総合提案会を開催し、成功できた当時の仲間で、
よきメンバーに恵まれているからこそ同会が続けられていると感謝しております。

 秋芳洞へは、広島勤務当時の昭和48年に妻・妻の母親・長女・長男と5人で登って以来で44年
ぶりに訪れました。
photo
    ポイントすると名前が表示されます☞ お名前? photo photo
    ポイントすると名前が表示されます☞ お名前? photo
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
※写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 10月の季節便り 花の文化園 秋の花
嶋田博次さん(5108)から
掲載日:2017年10月12日
 シャープOBの皆様へ
10月の季節の便りは、大阪郊外の花の公園。
夏の日差しと間違うような中、秋の草花撮りに出かけました。
花壇や散策路をのんびり歩くと秋に移り行く季節を感じますね。
■10月の季節便り 花の文化園 秋の花
 嶋田流秋の七草は、
  ホトトギス、キク、コスモス、ダリア、シュウメイキク、ケイトウ、・・・
 ※万葉集の秋の七草 photoは、
  ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ
■撮影地 大阪府立 花の文化園
 場 所 大阪府河内長野市高向2292-1
 日 時 2017年10月8日
 問合せ先 大阪府立 花の文化園 電話:0721-63-8741
photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎嶋田さんの特集:「季節の便り」を第1回からご覧いただけます  >特集「季節の便り」
◎嶋田さんの写真集:「季節の便り」のスライドショーもご覧ください。  写真集「季節の便り」←クリックしてください
△このページのトップへ戻る wish

 ☆模型「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」が完成しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年 9月13日
 この度、模型の「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」が完成しましたのでご紹介致します。
 この模型はDeAGOSTINI社の週刊鉄道模型で、2015年10月6日の初版から2017年8月29日
の100号まで、毎週書店で予約購入し組み立てたものです。

 構成は、左から「里山エリア」「都会エリア」「下町エリア」の3分割で構成されており、
それぞれを完成後線路を中心に結合させました。

 全体の大きさは、幅が1,380mm、奥行が550mmです。
レールの幅がロクハンと呼ばれる6.5mmで模型の中では最小のサイズです。

 週毎に部品が付いてきて、組み立てる方法です。約2年間の作業ですが組立てる楽しみを
味わいながら完成させました。
人物や動物はスケールが1/200のサイズのものを購入し、色付けを行い配置しました。
新幹線や在来線を走らせて楽しんでいます、ご笑覧ください。
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ ドイツで開かれたJAIGミーティング2017に参加しました
荒川泰蔵さん(1306)から
掲載日:2017年 7月 1日
5月18日から4日間、ドイツのフライブルグ郊外で開かれたJAIG Meetingに、社友会の西 彰さん(640)と一緒に参加しました。
photo
photo
 前日、関西国際空港を出発、フランクフルトで電車に乗り換えてフライブルグ駅に
到着し、ドイツ在住のDJ0ER長倉さんの出迎えを受けて車でホテルまで案内して頂き
ました。そこではJAIGの主宰者DF2CW壱岐さんとエリカさんが出迎えてくれ、既に
到着していたDK9KGギュンターさん他数名のメンバーを紹介されました(写真1)。

 初日はフライブルグの旧市内を見学(写真2)、2日目は国境を越えてフランスのコル
マー市で、歴史博物館を見学の後、雨の中で旧市内を見学(写真3)、3日目は黒い森地
方のシュバルツヴァルトにある野外農業博物館とフルトヴァンゲンにある時計博物館
を見学(写真4)と、盛りだくさんな観光プログラム参加することで、メンバーとの交流
を図りながら、この地方の歴史や緑豊かな地方の良さに触れることが出来ました。

 今、日本でも話題になっている再生可能エネルギーに関心を持っていたので、ドイ
ツで目についた太陽光発電パネル(写真5)や風力発電の風車(写真6)が、フランス側に
入ると見られなくなったのは、原子力発電の廃止を決めたドイツと、それに依存する
フランスとのコントラストが際立っていて興味深いものでした。

  アマチュア無線については、英国のCEPT免許での、DL/GW0RTAのコールサイン
で、DJ0FXウォルターさん他、ローカルの数局と交信させて頂きました(写真7)。

 メインプログラムの晩餐会では手動オルガン愛好家の演奏(写真8)や、日本人女性達
の合唱を皆で楽しみました(写真9)。

 今回は、日本からの参加者5名、ドイツ在住の日本人11名を含め、50名余りの参加
者達と、国際交流を楽しみました。 尚、このJAIGミーティングについては、月刊誌
「CQ ham radio」 7月号に投稿し掲載されました(写真10)。
photo photo
photo photo photo photo photo photo
【参考】 ext_link同好会HPのJK3IYB西さんの記事   ext_link月刊FBニュース7月号のDF2CW壱岐さんの記事   ext_link月刊FBニュース7月号のJA3AER荒川の記事
     奈良DXアソシエーション(NDXA)の機関紙6月号のJA3AER荒川の記事抜粋
※ JAIGとはJapanese radio Amateur In Germanyの略称で、ドイツ在住の日本人アマチュア無線家を 中心に、日本とドイツのアマチュア無線家で組織する
  日独友好アマチュア無線クラブです。
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆連載 中山道六十九次踏破記録 19日目 瀬田駅から京都三条大橋(完)
猪崎 徹さん(3710)から
掲載日:2017年 7月 1日
【19日目】 瀬田駅------大津-11.7Km-京都三条大橋
 12月5日、前回到達の瀬田駅を9時半スタート、雲があるものの晴れ。 11月末に歩く予定だったが寒波襲来で延期し本日となった。
本日のコースを歩くのは4回目、瀬田駅からお馴染みの道標まで10分程歩いてから中山道となるが、草津からは東海道と同じなので、道標と
しては「東海道」となる。
 瀬田の唐橋ではいつものボート練習風景、1人、2人から10人程で漕いでいるものまで或いはメガホンを持ったコーチらしき人のモータボート
もあり、様々なサイズのボートが見渡す範囲で30隻以上、唐突に「・・ボートは沈みぬ千尋の海原・・」と「真白き富士の嶺」が頭に浮かび、
メロディが頭の中を流れ始め、口に出さずに歌いながら歩いていると、なんだか物悲しい気持ちとなる。
 石山の商店街にさしかかるとチンドン屋の賑やかな音が聞こえパチンコ屋のリニューアルオープンの宣伝でカメラを向けたら先頭のお姉さん
が手をふってくれ、気分はまた高揚、我ながら単純!
photo photo photo photo
 石山から膳所(ぜぜ)へ、折れ曲がりの多い旧城下町の道となるが、城跡などは何もなく、跡を示す標識のみ。
 旧家と寺の多い街中で、突然モノクロからカラーとなったようなイメージで銀杏の黄色と紅葉の赤の旧家が現れ、足を停めた。
 そんな旧家の中で1階の屋根に人形のようなものを置いた家がある。
 同様な人形を同様な場所に置いた家が何軒かあり、魔除けと思うがこの辺の風習か?
photo photo photo photo photo
■大津宿 69番目
 木曽義仲と芭蕉の墓のある義仲寺は土曜日にも拘わらず静かで観光客は見当らず、立ち寄らずに素通り。 ひたすら歩いて大津に到着。
宿場の遺構は残っていないものの、旧家は多い。 街角に「ロシア皇太子受難の地」の石碑があり、当時のロシア皇太子がこの地で日本の巡査
に切りつけられたもので、大国ロシアを恐れた日本は明治天皇が京都に駆けつける大事件となった。 その皇太子は後に皇帝となって革命勢力
を弾圧し、ロシア革命で処刑されるが、ネットで面白い記事を見つけた。
 「この事件に遭遇して以降、皇太子は日本人に嫌悪感を持つようになり、ことあるごとに日本人を「猿」と呼ぶようになる。 ロシア首相
セルゲイ・ヴィッテは皇太子の日本人蔑視が後の日露戦争を招いたと分析している」。
大津での昼食は温かい蕎麦と握り寿司の定食。
(中略・・・PDFでご覧ください)
■京都三条大橋
 三条大橋着は午後3時、5年前の東海道ウォーキングでは孫の出迎えを受けたが、今回は家内のみ。 本日は4万歩。
東海道53次の公称492Kmは20日で踏破、但し、宮と桑名間の27Kmは海上なので、歩いた距離としては465Km。
中山道69次534Kmは19日で踏破したので、1日平均は東海道の23Kmに対し28Kmと2割程伸びている。
 歩数については、東海道は96万歩で4.8万歩/日。 中山道は11日目と12日目は歩数計を忘れており宿場間の公称距離の52.9Kmを歩幅70cm
で計算し、総計102.7万歩で5.4万歩/日に増えている。(完)
※中略部分はPDFでご覧ください。 ☞ 中山道六十九次踏破記録 19日目
(注)pdfを開くにはpdf readerが必要です。 pdfが開かない場合は、 get_adobe_reader.gif をクリックし、Adobe PDF Readerをインストールしてください。
 ※中山道六十九次踏破記録を1日目からご覧頂けます。こちらをクリックしてください。  ☞ 連載:中山道六十九次踏破記録
 ※ 図・写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
 楽しかった中山道ウォーキングは完了し、次の計画を色々と空想しております。 長い間のご愛読、まことに有難うございました。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 第29回全国シルバー書道展(奈良展示)に出品しました
村木一三さん(4740)から
掲載日:2017年 6月28日
 今年も日本書院主催の第29回全国シルバー書道展(奈良展)が奈良県文化会館で5月19日(金)~21日(日)まで開催され、奈良県在住者
を中心とした書道愛好家555名が思い思いの秀作を出品されました。
 昨年に引き続き今回も社友会おもしろ書道同好会から、井上先生始め13名の会員が自慢の作品を出展しましたのでご紹介します。
【出品者と作品】(順不同)
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
 ※作品をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第15回 SFC広島OB会を開催しました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2017年 6月10日
 5/17(水)~18(木)、14名が参加し、第15回SFC広島OB会を開催しました。
初日は、ゴルフ組7名photo観光組7名photo の2班に分かれて行動しました。
      ※緑色の文字の個所は、マウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
ゴルフ組は「安芸カントリークラブ」でプレイ、
観光組は 江田島の海上自衛隊第一術科学校photoを見学。
夕刻には広島県呉市の「呉阪急ホテル」に集まり、懇親会を開催しました。
1年ぶりの再会でしたが、お互いに健康であることの喜びを感じつつ、
各人の近況報告等語り合いました。 参加者の近況報告では、(以下スクロール表示です)
・佐々木和治様:82歳でゴルフ組・車も運転されている。地区連合自治会長を12年も務められた。
・瀧本明雄様 :後期高齢者(満75歳)となられた。白内障の手術をされた。
・井上剛雄様 :ゴルフ・ジョギング等身体によいと思うことを実践されている。
・松本邦彦様 :ゴルフ組で優勝された。場数を豊富に経験されている成果でしょう。
・塩安 清様 :シャープ広島ゆうゆう会の世話人をされている。
・佐藤康弘様 :次回(2018年)福岡での幹事役でお世話になります。
・栗栖通春様 :ゴルフ組の世話人としての気遣い等を。
・窪津貴志様 :お孫様の成長を楽しみにされている。
・津地哲男様 :中学・高校の校務の仕事をされている。
・藤井義信様 :駐車場管理の仕事をされている。
・上野義則様 :今回の世話人代表・社友会活動(広島支部)をされている。
・狩野窪久士様:登山・落語も楽しまれている。
・稗田芳人様 :地元で薬品運搬の仕事をされている。
・私、崎山喬 :駐車場(和歌山マリーナシティ)管理業務・同好会活動(写真・川柳)・シャープ勤務地の
OB会活動・育った故郷出身者の集いへの参加・地域の自治会活動への参画。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第31回(旧電化)リビングOB会を開催致しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2017年 6月 6日
 恒例の「(旧電化)リビングOB会」の31回目を去る6月3日(土)午後0時より前回に引き続き
JR大和路線加美駅近くの「淡路屋別館」にて19名の参加で開催致しました。
 今回も元事業推進部長の池岡さんもお元気にご出席頂き皆様とも楽しくご歓談され勇気を
与えて頂きました。

 恒例の近況報告の時間では、皆様それぞれに趣味への取組み・家庭菜園への取組み・健康
維持増進への取組み等々、ユーモアを含めたお話が多々あり有意義な時間を過しました。
 参加者一同参考にすることも多くあり、今後の人生に役立てて行きたいと思っています。

 豪華な「姿造り」やコース料理を堪能した後、最後に集合写真を撮影し約2時間半の会を
終了し、次回の12月2日(土)の再会を約束し散会致しました。
photo ポイントすると名前が表示されます ☞ お名前?photo
近況報告の中で、吉田稔さんから退職後取組んでおられました「水墨画」の展示会を行うとのご報告がありました。
これは友人が取組まれている「模型電車のジオラマ」とのコラボで、「~ふたり喜寿展~<模型電車で巡る水墨の旅>」として7月29日(土)
~8月4日(金)迄、堺市南区の「(株)チームプラス・アルファ プラアルショールーム」で開催されます。
案内書と場所の地図photoを添付致しますので、興味のある方は是非ご覧下さい。   ※緑色の文字の個所は、マウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第30回(旧電化)リビングOB会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

※2013年投稿の記事は、社友会で保存しています。 ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
最新の記事を表示中です
registry シャープいい暮らしストア wish