SHARP
シャープ社友会 会員情報
更新日:2018年 8月14日
社友あれこれメッセージ : 最新の記事
嶋田さんの 写真集「季節の便り」”夏の便り”より
 このページは、元職場の仲間との交流、お住まいの地域や友人との
 趣味の会等で活躍されている様子を社友会員の皆様に紹介し、共感
 と勇気を呼び起こすページです。
・会員の皆様の「活動の姿を多くの社友の皆様に知らせたい」・・・
 そんな時はこのページをご活用ください。
・所属されているクラブでの活動や展示会の案内、社会貢献活動、
 旅行記、趣味の紹介、ご自慢の作品(絵画・写真など)といった情報
 を掲載しています。
※社友会同好会の紹介や同好会主催の催し等の案内は、 同好会のホームページ 
 に掲載しています。
小島さんの 写真集「名山案内」第三・第四章より

 ★「社友あれこれメッセージ」への投稿をお待ちしています。
  ホームページ作成のノウハウは一切不要です。 編集委員にお任せください。   ※メールによる投稿の一例です投稿例←ポイントしてください
  詳しくは「投稿のご案内」の「投稿のお願い」のページをご覧ください。
  投稿の方法や規定に関しては「投稿の規定」のページをご覧ください。      社友会宛てのメール←クリックしてください。

 star このページのスライドショーは、「会員の写真集」 ・嶋田博次さんの写真集「季節の便り」 ・小島誠孝さんの写真集「名山案内」の縮小版です。
   写真集のページでは、大きなサイズの写真を再生時間2~10秒可変のスライドショーでご覧いただけます。(オルゴールBGMも選べます)
   ・廣田直昭さんの写真集「鉄道今昔物語」  ・金井 猛さんの写真集「ぐんま便り」も御覧ください。

 ※タイトル(青字の部分)をクリックすると、記事にジャンプします。  をポイントすると、記事掲載写真の1枚がpopup表示されます。
photo金井 猛さん(5158)から
掲載日:2018年 8月14日
photo泉川博之さん(2690)から
掲載日:2018年 8月 6日
photo内海春樹さん(2579)から
掲載日:2018年 7月30日
photo津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 7月17日
photo 北井 勲さん(2724)から
掲載日:2018年 7月 6日
photo崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 6月18日
photo津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 6月 7日
photo廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 6月 1日
photo小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 4月24日
photo崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 4月23日
photo津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 4月20日
photo長田 進さん(2446)から
掲載日:2018年 4月17日
photo廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 4月 6日
photo小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 3月13日

※掲載開始から1か月以内の記事・展示会等の催しが終了前の記事は、new!と記載しています。
※掲載開始から6か月経過した記事、 展示会等の催しが終了した記事は、「最新の記事」のページから各年度の投稿記事のページに移動しています。
※2013年・2014年投稿の記事は、社友会で保存しています。  ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
最新の記事を表示中です

 ☆ ぐんま便り(34) オオヨシキリとダイサギの撮影に挑戦 new!
 金井 猛さん(5158)から
掲載日:2018年 8月14日
 8月13日菩提寺にお盆迎えに行ってきました。
途中、自宅近くの高速道=関越自動車道下りは帰省ラッシュで大渋滞と
なっていました。 現役時代は盆、正月には必ず帰省をしていましたが
群馬に戻ってからは自由な時間を使って趣味の野鳥撮影をしています。

 今回は8月10日に久しぶりに沼へ出かけ、オオヨシキリとダイサギを
初めて撮影しました。
 オオヨシキリはスズメ目ウグイス科で体長18㎝位、「ギョギョギョ」と
大きく濁った声で鳴きます。  初夏から夏にかけてアシ原などで多く
見かけられます。 ext_linkWikipedia :オオヨシキリ
 オオヨシキリの撮影中、偶然ですがダイサギが夕刻ねぐらに帰って
きて木の上に止まり、羽ばたく姿を撮ることも出来ました。
ext_linkWikipedia :ダイサギ
 昨日もキウイ畑の下草刈りで汗を掻いて来ました。
雑草は夏バテは関係ないようで勢いよくドンドン伸びていました。
photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎金井さんの特集:「ぐんま便り」を第1回からご覧いただけます。  >特集:「ぐんま便り」
◎金井さんの写真集:「ぐんま便り」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「ぐんま便り」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第9回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生全国公募展のご案内 new!
  泉川博之さん(2690)から
 掲載日:2018年 8月 6日
 京都造形芸術大学通信教育課程洋画コース2007年度卒業生 泉川博之です。 絵を描いて41年になります。
シャープ株式会社を退職(2003年)したのは病院のベットの上でした。 悪性リンパ腫を再発したのが2011年。
2度目の抗がん剤との闘いが1年半続きました。 でも、市の体育館とアクトスに通って、筋トレ、柔軟(ストレッチ)
とレッスン=自力で整体、エアロビクス、バランスボール、ステップ、ピラティス、ジャイロキネシス、一昨年から
ヨガ、今年4月に始まったウオーキング、5月からミニトランポリン・・・とほぼ毎日元気に通っています。
(絵を描いていないときは、どっちが本業か?) 身体が先天的に硬いにも拘らず無謀にも"ベターと開脚"を1昨年7月
から取り組み一年3か月後に胸が床につきました。 其の後も、毎日柔軟をしています。 一昨年9月「足底腱膜炎」
にかかり、病院も2か所通いましたが治らず。 青少年センタートレーナーの献身的な足指の機能回復助言・具体的提案
photo
 (本当にありがたく思っています)を受け入れ毎日実行。 ウオーキングでの姿勢・歩き方の基本を見直す事も足裏と関係しており、やっと回復
 してきました。 ウオーキング、足裏の機能回復、ヨガ、ふくらはぎの柔軟と最高のインストラクターに巡り合ったことが幸せでした。

 第9回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生全国公募展が下記日程で開催されます。
京都造形芸術大学通信教育課程卒業生のための公募展として2010年からスタートしました。
 今回は、平面62作品・立体13作品・タペストリー6作品・着尺(仮絵羽)6作品・インスタレーション2作品
の合せて89作品が並ぶ展覧会となりました。 ぜひご高覧下さい。
【開催期間】2018年8月17日(金)~25日(土) 11:00~18:00
【会  場】京都造形芸術大学人間館1F ギャルリ・オーブ
      TEL:075-791-9122
      〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
      市バス3,5,204系統「上終町京都造形芸大前」下車すぐ
      叡山電鉄叡山線「茶山駅」より徒歩10分
【出展作品】①刻(とき)の流れ2018-2:新しい街の出現?
       F30号(91.0cm×72.7cm)
      ②刻(とき)の流れ2018-1:神戸に夏がやってきた
       F30号2枚組作品( 91.0cm×145.4cm)
【会場にいる予定】8月18(土)・19(日)・21日(火)・25日(土)
         12過ぎ~17:00頃まで居る様にします。
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 金剛山登拝 3,000回達成しました new!
内海春樹さん(2579)から
掲載日:2018年 7月30日
 定年退職後に始めた金剛山への登拝、ようやく目標にしていた3,000回を達成する事が
出来ました。 夏の暑さ、風雨や雷、吹雪やがけ崩れなど苦しく怖い事もありました。
 反面、新雪を踏みしめ登頂すると一面の霧氷や、春の花々、夏の緑、秋の紅葉など登った者
だけが味わえる喜びが一杯ありました。 社友会の多くの方々に応援を戴いた事も励みになり
ました。
 大阪府の最高峰で「日本200名山」にも認定される金剛山は、昔から登山者が多く、昭和
37年に親睦会として“金剛錬成会”が発足、翌昭和38年から登山回数を管理するようになっ
たそうです。 今では会員(50回以上の人)は約3,000人います。(50回までの方は約500人)
その中にはビックリするような記録の方々が居られますので、ご紹介いたします。
 ・最も回数の多い人は富田林のHさんで15,000回超え
  Hさんは、1日24時間で17往復という驚くべき記録保持者でもあります。
 ・10,000回を超えている人は、9名(内 女性3名)
 ・先日、10年間1日も休まず登るという偉業を達成した御所市のKさん
 ・最高齢者 男性:96歳、 女性:92歳
 これらの方々を見ていますと、私の卒業はまだ早く、これからも無理をしないよう続けたい
 と思います。   ext_linkWikipedia : 金剛山 (金剛山地)
※ 写真をクリックすると大きくなります。  左右の < > で写真が切替ります。
  元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。


△このページのトップへ戻る wish

 ☆第78回 シャープOB「二水会」を開催しました new!
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 7月17日
 この度「第78回シャープOB二水会」を開催致しましたので投稿いたします。 この二水会は、
旧電化事業本部のデザイン、技術、間接部門のメンバーを中心に、平成7年に第一回目を開催し、
現在は年3回開催しています。 今回は78回目を迎え竹中強さんが幹事を担当され、去る7月11日
に開催されました。 午前11時に天王寺駅南口付近に集合し、阿倍野ハルカス12階の「アサヒ
ビール直営の『BEER&GRILL』SUPER DRY」に移動し、11時30分より会を始めました。
 会食内容は、宴会コースの「グリル料理全7品と飲み放題」で各位の好みの飲物を飲みながら、
料理と会話を楽しみました。 会場がハルカスの12階でもあり、天王寺公園方面の景色も楽しむ事
が出来ました。 当日の予定では、会食後、てんしば公園や慶沢園等を散策の予定でしたが、好天
に恵まれ過ぎ、暑かった事も有り、会員の皆さんの体調も考慮してコーヒータイムに時間延長して
懇親会の時間を長く楽しむ事になりました。 楽しい懇親会の後、次回の79回目は11月14日(水)
で幹事が田所さん、第80回は平成31年3月13日(水)で幹事が三宅さんに決定し散会致しました。
photo
ポイントすると名前が表示されます? ➡ お名前? photo
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第77回シャープOB二水会 の記事もご覧ください。

△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 北井 勲の独り言(3) 父・母を想う・・・ 
北井 勲さん(2724)から
掲載日:2018年 7月 6日
 父を思う事が多くなって来た。 母を想うことも多くなって来た最近の自分が居る。
父母の亡くなった年令に近づいて来たかも知れないが・・・。
 父は一ヶ月の入院の後、逝ってしまったが、母は十年もの間その介護に付き合わされた。

 父が逝った後、暫くしてイタリアに行くことがあり、湖の辺の教会でこの光景に出会った。
蝋燭の火を見ていたら、やたらと父の事が思いだされた。 今の自分はこの父の残した道を分野は違うけど
歩んでいるようでもある。 自分で手を下すものづくり、父の残した道具を使う度に父への想いが蘇る。
蝋燭の炎を見る老婆と共に父に祈った。

 母は長い介護の中で私の定年と共に逝った。 10年の介護の中で何十回と無く役所の介護福祉課に脚を
運んだ。 今はどうかは解らないが介護の仕組みが毎年変ってそれの対応に悩んでいた時代でもある。
役所に通う道すがら、この噴水を眺めながら死の世界と生の世界を見つめ考えて居た。

 世の中の不条理に悩まされた時代で、この福祉政策の仕組みに怒りを抱いていた時代でもあった。
この国は本当に弱者の立場で物事を組立てているのだろうか?
国の事情で組立てているのが見てとれるのである。
誰のことを一番に考えるか、考えて行動するか?  現在の自分の在り方を多く学んだ時期でもあった。
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎北井さんの連載:「北井 勲の独り言」を第1回からご覧いただけます。  >連載:「北井 勲の独り言」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第16回SFC広島OB会」が開催されました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 6月18日
 5/16(水)~17(木)に16名の参加で福岡県博多で開催されました。
 1日目・5/16(水)は、JR博多駅に12:00(正午)に集合して、マリンワールド海の中道(水族館)
にてイルカ・アシカショー・外洋大水槽ショー等を観賞の後、福岡市の「プラザホテル天神」に
18:00チェックインし、懇親会場の「博多料亭・雅加栄」にて21:00まで宴会・歓談しました。
 1年ぶりにお互いに健康であることの喜びを感じつつ、語り継がれる博多料亭を味わいながら
各人の近況報告等photo等で語り合いました。 宴会終了後は中州の屋台を皆で散策しました。
※緑色の文字の部分にマウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
 2日目・5/17(木)は、西鉄天神駅から太宰府駅に向かい太宰府天満宮・九州国立博物館等を
観賞して太宰府市の「山菜 日和 お茶々」にて昼食を頂きました。
 来年2019年は同じ時期に和歌山方面で開催を決定して散会しました。
photo
ポイントすると名前が表示されます   ➡ お名前?photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 「第15回SFC広島OB会が開催されました」 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆(旧電化)第33回リビングOB会を開催致しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 6月 7日
  この度「(旧電化)第33回リビングOB会を開催致しましたので、ご紹介致します。
 去る6月2日(土)に、恒例のJR大和路線「加美駅」近くの「淡路屋別館」にて第33回目の
 リビングOB会を17名の出席で開催致しました。
  各テーブル毎に「活作りの船盛」を囲みながら、コース料理を楽しみました。

 この会恒例の「近況報告」では、持病治療中の話や健康維持の為のトレーニング、写真・
 絵画・篆刻・工作等趣味の話、家庭菜園に頑張っている話等など、各員の話に対する質問
 などもあり盛り上がり、お互いの研鑽の場にもなり、楽しい一時を過ごす事が出来ました。

 2時間余りの懇談の後、次回は12月1日(土)の再会を約束し散会致しました。
photo
ポイントすると名前が表示されます ➡ お名前? photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 「第32回(旧電化)リビングOB会を開催致しました」 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 時の流れを訪ねて【第13回】 関西本線 大河原~加茂間 final
廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 6月 1日
【お知らせ】 第1回「阪和線 今昔物語」以来、13回の「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」を投稿して頂きました廣田直昭さん(0443)が6月5日
      動脈瘤のため急逝されました。  廣田さん、懐かしい鉄道の記事の投稿、有難う御座いました。 心からご冥福をお祈りいたします。

「だんぢり」で有名な大阪府岸和田生まれの廣田です。
 戦後の不況時に当時の「早川電機工業」へ入社しテレビ試作に
 従事、以来退社する迄ずっとテレビ畠でした。 現在は社友会
 のSSフォトクラブ・アマチュア無線同好会で楽しんでいます。 JQ3IEM
  関西本線は、名古屋と大阪を 三重県の北勢地方、伊賀地方、京都府南部、奈良県
 北部を経由して結んでいます。民間の鉄道会社である関西鉄道の路線として1889年
 開業し、名古屋と奈良・大阪を最短距離で結ぶ鉄道路線として 国鉄と乗客を奪い合っ
 た歴史を持ち、路線名もこの社名に由来します。
  国有化後は1970年代まで全線を直通する列車が運転されていましたが、並行する
 東海道本線や東海道新幹線の整備、近鉄特急の台頭、名阪国道の開通によるモータ
 リーゼーションの普及などにより、名阪間の輸送からは撤退しました。
  現在、亀山駅-加茂駅間は非電化で1両ないし2両の気動車による地域輸送が行われ
 ています。 運用車両は JR西日本のローカル線用の小型気動車キハ120形です。
  地方交通線向け標準形気動車として、1991年に製造が開始された新潟鐵工所製の
 16m級 軽快気動車で、一般形気動車のキハ20系・キハ35系・キハ45系や急行形気動
 車のキハ58系などの置換えや線区の活性化を図るため、JR西日本管内の非電化区間に
 投入されました。  亀山鉄道部に14両が配置され、関西本線亀山駅-加茂駅間で、
 1時間に1~2本 単行か2両編成で運用されています。
  今から62年前の1956年には関西本線を全通する列車や、東海道本線経由東京駅・
 和歌山線経由和歌山市駅など他区間と直通する列車や急行列車・準急列車・D51が
 牽引する貨物列車などが走っていました。
 時の流れを訪ねて「関西本線 大河原~加茂間」は、1956年に撮影した写真と、62年後の2018年5月に撮影した写真をご覧ください。

 ※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
photo photo photo photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo photo photo photo

◎連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のページもご覧ください。 第1回からご覧頂けます。  >連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
◎写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
△このページのトップへ戻る wish

 ハルカス大学 「大峯山・紀伊山地の撮影講座」のご案内
小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 4月24日
 ハルカス大学「大峯山・紀伊山地」写真講座の第1回が4/15に開催されました。
私の所属する「フォトクラブ大峰」のメンバーが講師を務め、計6回開催されます。
第1回は私が講師を担当しました。 通常は定員40名で開催されるハルカス大学ですが、
申し込みが多く、定員70名に拡大して頂きました。 締切日を待たず、早々と78名様に
お申込みを頂くことができました。 当日は悪天候にも拘らず満席となりました。
これも森副会長はじめ社友会の皆様のお陰と感謝致しております。
 会場に展示したSHARP AQUOS 70型 液晶テレビへの関心も高く、1台即売出来たと
聞いています。 5月以降も毎月1回講座が開講されますので宜しくお願い致します。
[4/15の第1回講座の様子です]
photo
受講の申込みは ext_link ハルカス大学 のページから
photo photo photo
 ※ スケジュール表・写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。


  ext_link 週刊 日本百名山「大峰山・大台ヶ原山」の表紙に採用されました の記事もご覧ください。
 ※小島さんの写真集:「名山案内」のスライドショーもご覧ください。 写真集「名山案内」←クリックしてください
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第30回でいご有志の会(沖縄シャープOB会)を開催しました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 4月23日
 私は1977年(昭和52年)7/20~1982年(同57年)6/30まで(株)沖縄シャープクレジットに勤務
し管理全般を担当していました。 この5年間の勤務の中で7回の決算業務・1979年(同54年)度
会社業績評定で社員一丸となった努力のお陰で沖縄シャープ電機)株)の「優秀賞」受賞に貢献
できたこと、高校野球で和歌山県代表・箕島高校が見事春夏連覇を達成されたことが懐かしく
思い出されます。  かつて沖縄シャープで勤務した同志が年に2回集まり旧交を温めています。
会の名前は沖縄の県花「でいご」photo から「でいご有志の会」と名付けています。
 今回は4/14(土)18:00~20:40に難波1丁目の「民芸酒房・牧水(ぼくすい)」photo8名photoが集まり
沖縄シャープ勤務当時の状況や参加者8名の近況等photoを語り合いました。
 会員から同会を2019年(平成31年)2月に沖縄で開催が提案されました。
photo
ポイントすると名前が表示されます   ➡ お名前?photo
 次回は10/13(土)開催を決定して散会しました。 ※緑色の文字の部分にマウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第29回でいご有志の会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ (旧電化) 第5回 冷蔵生産技術部OB会を開催致しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 4月20日
  去る4月15日(日)の午後0時より恒例の堺市中百舌鳥の某スナックにて第5回目のOB会を
 開催しました。 まず1時間余り会食をしながら、各位の近況報告を和やかに行いました。
  歳の性もあり持病の話や健康維持の為の取り組みなど、体験を踏まえての話になりました。
 その後1時頃より、お楽しみの「採点カラオケ大会」が始まりました。
 当面の目標は92点以上を出すことになりましたが、各位、新しく覚えた新曲を初め自慢の曲を
 自慢の咽で熱唱が始まりました。
  各位の得点はさて置き、楽しい時間が5時頃まで続きましたが、最後に全員で「青春時代」を
 合唱しました。 各位の熱唱振りを掲載写真でご覧下さい。
 次回の再会を約束し合い散会致しました。
photo
ポイントすると名前が表示されます ➡ お名前? photo
photo photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第4回(旧電化)冷蔵・生産技術部OB会を開催致しました の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 音楽療法で精神的健康に役立てています
長田 進さん(2446)から
掲載日:2018年 4月17日
 “NO MUSIC,NO LIFE”音楽なしでは生きられないということを端的に表現した言葉ですが、
音楽は私たちの人生にとって切っても切り離せないものです。
 健康と言えば、身体的な表面上の病気を思い浮かべますが、精神的にも良好な状態でなければ
健康とは言えないと思います。 親が長い間認知症を患い苦労を重ねて来た経緯もあって、現在
最も注目されている音楽療法の一つである「認知症の予防と改善」を目的に精神的健康法に取り
組んでいます。 現在バンドを組みジャズ・ラテン・歌謡曲等の合奏を楽しみながらその予防に
役立てていますが、シャープ仲間にも音楽療法が役立てればと考えています。
 堺市営の施設で、ピアノ・ドラム・ミキサー等があり、SAX・フルート・ギター・ピアノ・
ボーカル等の多少の経験がある方で「アンサンブルを楽しみながら精神的健康に取組んで見みた
い」と思われる方は社友会事務局までご連絡下さい。
 ext_link社友会宛てのメール←クリックしてください
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 南海高野線(高野下駅ー極楽橋駅)の運転再開 天空に乗りました
廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 4月 6日
 昨年10月22日に近畿地方に接近した台風の影響で高野線上古沢駅構内で地すべりが発生したため、10月
23日の始発から高野下駅―極楽橋駅間の列車運転を見合わせ、バス・タクシーによる代行輸送が行われて
いましたが、復旧工事が終わり、2018年3月31日始発から列車運転が再開されました。
弘法大師空海が開いた世界遺産・高野山は、標高約900mに位置し、その街並みはまさに天空都市の趣です。
「天空」と言う列車の愛称は、その高野山が醸し出す印象に由来します。 車体カラーは山岳区間の風景を
大切にし、森林をイメージした深いグリーンと、高野山にある根本大塔をイメージした朱色のラインが基本
です。 眺望の良い西側面には、ワイドな眺めが楽しめる固定の大型窓を採用。 そして全国の大手私鉄で
唯一の展望デッキを設け風景が一望できる構造になっています。 天空は橋本駅から極楽橋駅までの19.8km
標高差443m間を運行しています。 特に高野下駅から極楽橋駅の区間は、50‰(パーミル ∴50m/1,000m)
の急勾配とトンネル、半径R=100の急カーブが連続し、山岳鉄道らしさを実感できます。 天空は座席指定
の列車です。座席指定券の購入には事前予約photoが必要です。  ※緑色の文字をポイントするとpopup表示します
 難波駅から極楽橋駅までは、特急こうやで乗り換えなしで行けますが、橋本駅で天空に乗り換え極楽橋駅
までの山岳区間を楽しまれるのは如何ですか。    ext_link 天空について(南海電鉄)
※高野線(難波⇔極楽橋 64.5キロ)は、
 1898年(明治31年)大小路(現 堺東)⇔狭山間が開通。
 1900年 道頓堀(現 汐見橋)⇔ 大小路 間が開通。
 1929年(昭和4年)難波駅から発着しました。
 1945年(昭和20年)3月 戦時のため 難波駅から発着廃止、戦後復活。

photo photo photo photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のページもご覧ください。 第1回からご覧頂けます。  >連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
◎写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
△このページのトップへ戻る wish

 週刊 日本百名山「大峰山・大台ヶ原山」の表紙に採用!
小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 3月13日
 小生の写真が表紙になっている朝日新聞社の週刊、日本百名山「大峰山・大台ヶ原山」
(改訂新版)が3月18日、全国一斉販売されました。
「社友あれこれメッセージ」でスライドショーPRして頂いている”西の覗き”などの写真も数点
掲載されています。

フォトクラブ大峰30周年記念写真展は3/22盛況のうちに閉幕致しました。
 多くのOBの方にご来場頂き、ありがとうございました。

☆ 4月~9月、ハルカス大学にて 「大峯山・紀伊山地」の撮影講座が開催されます。
  紀伊山地の撮影ポイントの紹介、撮影テクニックもふくめ、6回シリーズでご紹介します。
  多数の皆様の御参加をお待ちします。
  ext_link ハルカス大学 「大峯山・紀伊山地の撮影講座」のご案内 の記事もご覧ください。
   4/15開催の第1回は、「基礎講座・自然の中でのカメラ操作」・・・盛況裏に終了しました。
※青色の文字をクリックすると、リンク先のページが開きます。  

 ※小島さんの写真集:「名山案内」のスライドショーもご覧ください。 写真集「名山案内」←クリックしてください
△このページのトップへ戻る wish

 ※こちらもご覧ください
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 東海道五十三次踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 川越街道 踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 中山道六十九次踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  嶋田 博次さん(5108)の 「特集 : 季節の便り」 ←クリックすると開きます。
  廣田 直昭さん(0443)の 「連載:時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」←クリックすると開きます。
  金井 猛さんの(5158)の 「特集:ぐんま便り」←クリックすると開きます。
  北井 勲さんの(2724)の 「連載:北井 勲の独り言」←クリックすると開きます。
※2013年・2014年投稿の記事は、社友会で保存しています。 ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
最新の記事を表示中です
registry シャープいい暮らしストア wish