SHARP
シャープ社友会 会員情報
更新日:2018年 8月14日
社友あれこれメッセージ : <2018年に投稿の記事:掲載期限>
嶋田さんの 写真集「季節の便り」”春の便り”より
 このページは、元職場の仲間との交流、お住まいの地域や友人との
 趣味の会等で活躍されている様子を社友会員の皆様に紹介し、共感
 と勇気を呼び起こすページです。
・会員の皆様の「活動の姿を多くの社友の皆様に知らせたい」・・・
 そんな時はこのページをご活用ください。
・所属されているクラブでの活動や展示会の案内、社会貢献活動、
 旅行記、趣味の紹介、ご自慢の作品(絵画・写真など)といった情報
 を掲載しています。
※社友会同好会の紹介や同好会主催の催し等の案内は、 同好会のホームページ 
 に掲載しています。
小島さんの 写真集「名山案内」第一・第二章より

 ★「社友あれこれメッセージ」への投稿をお待ちしています。
  ホームページ作成のノウハウは一切不要です。 編集委員にお任せください。   ※メールによる投稿の一例です投稿例←ポイントしてください
  詳しくは「投稿のご案内」の「投稿のお願い」のページをご覧ください。
  投稿の方法や規定に関しては「投稿の規定」のページをご覧ください。      社友会宛てのメール←クリックしてください。

 star このページのスライドショーは、「会員の写真集」 嶋田博次さんの写真集「季節の便り」小島誠孝さんの写真集「名山案内」の縮小版です。
   写真集のページでは、大きなサイズの写真を再生時間2~10秒可変のスライドショーでご覧いただけます。(オルゴールBGMも選べます)
   ・廣田直昭さんの写真集「鉄道今昔物語」  ・金井 猛さんの写真集「ぐんま便り」も御覧ください。

 ※タイトル(青字の部分)をクリックすると、記事にジャンプします。  をポイントすると、記事掲載写真の1枚がpopup表示されます。
photo金井 猛さん(5158)から
掲載日:2018年 7月31日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 7月16日
photo 石野 茂さん(1348)から
掲載日:2018年 7月15日
photo橋本嘉昭さん(2429)から
掲載日:2018年 5月19日
photo橋本嘉昭さん(2429)から
掲載日:2018年 5月19日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 5月17日
photo西浦 毅さん(730)から
掲載日:2018年 5月11日
photo廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 5月 1日
photo石野文興さん(1269)から
掲載日:2018年 4月26日
photo 北井 勲さん(2724)から
掲載日:2018年 4月23日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 4月16日
photo津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 4月14日
photo津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 3月17日
photo泉川博之さん(2690)から
掲載日:2018年 2月20日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 2月11日
photo崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 2月 8日
photo崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 2月 8日
photo高木 寛さん(3954)から
掲載日:2018年 2月 2日
photo小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 1月17日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 1月12日
photo澤 戢三さん(2453)から
掲載日:2018年 1月 1日

 ※掲載開始から6か月経過した記事、 展示会等の催しが終了した記事は、「最新の記事」のページから各年度の投稿記事のページに移動しています。
 ※連載・特集として掲載の記事は、新しい記事の掲載に伴い直前の記事は、このページに移動しています。
 ※2013年・2014年投稿の記事は、社友会で保存しています。 ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
<2018年投稿記事:掲載期限>表示中

 ☆ ぐんま便り(33) キウイフルーツが順調に育っています
 金井 猛さん(5158)から
掲載日:2018年 7月31日
 久しぶりにキウイ畑の下草刈りに出かけて汗を掻いて来ました。
気温も35°以上あり2リットルの水筒の水がアッという間に無くなってしまいましたが、熱中症
対策を万全に作業を致しました。
 キウイは、マタタビ科の植物で原産地は中国です。  20世紀にニュージーランドに伝わり
特産品となりました。 名前の由来は、形がニュージーランドの国鳥キーウイに似ている事に
よります。 キウイの収穫時期は、霜の降りる前で11月初旬~中旬が良いと言われています。
ext_linkWikipedia :キウィフルーツ    ext_linkWikipedia : キーウィ (鳥)
 一昨年から妻の亡父がやっていたキウイ畑二ヶ所のうち一か所を預かって栽培をしています。
約300坪の畑に30本近い木が植えてあり、下草刈りや剪定作業と体力を使いますが収穫時に
なると、それ迄の作業の辛さも忘れてしまいます。 今年は沢山実をつけているので、秋の収穫
が楽しみです。 栄養価も高く高血圧症の予防にも効果大です。

 畑のすぐ側の陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊のヘリが頭上近くをけたたましい騒音
をまき散らして飛行します。  基地方面からこちらに向かってくる姿や頭上を通過する瞬間を
撮影してみました。 ヘリコプターのプロペラの回転する姿を捉えたいのでシャッタースピード
を落として撮影し、プロペラの回転する姿を捉える事が出来ました。
ext_linkWikipedia : 第12ヘリコプター隊
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

◎金井さんの特集:「ぐんま便り」を第1回からご覧いただけます。  >特集:「ぐんま便り」
◎金井さんの写真集:「ぐんま便り」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「ぐんま便り」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 「 第14回 奈良県美術人協会写真部会員展 」のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 7月16日
本展は、2年に1度の開催で、今回は会員16名がそれぞれ個性を活かした連作又は組写真を出展します。
是非ご高覧、ご高評賜りますようお願い申し上げます。     ext_link 奈良県美術人協会
 ・日 時=2018年7月18日(水)~22日(日)
      AM10:00~PM5:30
      初日はPM1:00から 最終日はPM4:00まで
 ・会 場=奈良県文化会館展示室A 入場無料       ext_link 奈良県文化会館
      (近鉄奈良駅より徒歩5分)

★ 無料講習会 〜ミラーレス一眼カメラセミナー
 ・講 師=植村裕二氏
 ・日 時=2018年7月21日(土)
 ・開 場=PM1:30  ・開 演=PM2:00〜4:00
 ・会 場=奈良県文化会館1階多目的室 入場無料
 ご高覧ご清聴のほど宜しくお願い致します。

 私の作品は、クモの巣をマクロレンズで追い「魅惑の旋律」と題し、全紙サイズカラー写真5点(連作)を出展させて戴きます。
 ☆「第14回 奈良県美術人協会写真部会員展」は、7/22盛況のうちに閉幕致しました。
  ※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
photo photo photo photo photo
                               魅惑の旋律(蜘蛛の巣)

△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 石野 茂 油彩画展のご案内 
石野 茂さん(1348)から
掲載日:2018年 7月15日
photo 【開催期間】2018年7月23日(月)~8月5日(日)
 自然の風景や能舞を描きたいという願望から、色彩
の豊富な油彩画を始め、美術クラブに参加、油彩画の
基本を学びました。 その間、風景、静物、人物など、
多くの作品を製作してまいりました。
近年のテーマは『勢い』とし、製作に励んでいます。 【略歴】1999年:油彩画を始める
    2002年:絵画同好会入会
    2007年:市芸術祭に出展、奨励賞受賞
    2009年:古希記念油彩画展を城ホールで開催
photo 【会 場】近鉄郡山駅前 カフェシェスタ
☆「 石野 茂 油彩画展」は、8/5盛況のうちに閉幕致しました。
 ※ 案内状・地図をクリックすると大きくなります。 左右の < > で切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。

△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 泉北の美術を育てる会 日本画グループ展 ご案内
橋本嘉昭さん(2429)から
掲載日:2018年 5月19日
 「泉北の美術を育てる会(会員数160名)」の日本画部員による、作品発表の場と
して、2001年より毎年開催し今年で18回目を迎えます。
 6月14日(木) ~ 19日(火)まで南海泉北線「泉ケ丘駅」下車すぐの高島屋併設
「パンジョホール」5階で、開催することになりました。
 院展・日展・創画会展・等々中央画壇で活躍されている会員、学校の美術講師、
講座指導など多彩な顔ぶれで、日本画・水墨画の伝統技法に加え、新しい多様な
技法を駆使し大作から小品まで、17名による個性豊かな作品を展示致します。

 私は30号の作品に加え、昨秋江之子島文化芸術センターで開催した16回「創友
会展」(シャープの仲間)に出展しました和紙と水干絵具で模写した古代メキシコの
神話と移住の歴史を描いた絵文書「セルデン絵巻」(原寸大全長3,500㎜)の複製画
が、その後話題になり、改めて展示することになりました。
お近くにお越しの折にはお立ち寄りください。
☆「泉北の美術を育てる会 日本画グループ展」は、6/19盛況のうちに閉幕致しました。
 ※ 案内状をクリックすると大きくなります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 第二回新日春展のご案内
橋本嘉昭さん(2429)から
掲載日:2018年 5月19日
 第二回新日春展(日展の日本画の春季展)が、本年東京、京都に次ぎ三番目の
会場として「堺展」を開催する事になりました。

堺展は6月5日(火)~10日(日)まで堺市立文化館ギャラリー(JR堺駅すぐ)で開催
されます。 本年の入賞作品と大阪・兵庫・和歌山・奈良の入選作品を中心に
160余点が展示されます。 私の作品は80号です。

 堺展開催がきっかけとなり出品を決断致しましたが、決断が遅かったため構想
から完成までに時間的余裕がない中、しかも加齢による集中力と戦いながらの制
作でした。 落選して元々の開き直りが良い方に味方したのでしょうか、プロ作
家・常連作家のひしめく中で幸運にも助けられ、お陰様で初出品初入選を果たす
ことが出来ました。  お時間がございましたらご高覧頂ければ幸甚です。
☆「第二回新日春展」は、6/10盛況のうちに閉幕致しました。
☆日春展と新日春展について
 日本画振興のための新人育成を目的として昭和41年第一回開催以来、多くの優れた作家の輩出し、初期の目的を達成したことから平成27年の
 五十回展までで開催を終了しましたが、多くの会員から今後も発表の場を設けてほしいという強い要望があり、会員の一層の研鑽と新人育成、
 日本画の伝統と新しい創造を図ることを目的として、新日春会が発足し、平成29年に第一回新日春展が東京と京都で開催されました。

 ※ 案内ポスターをクリックすると大きくなります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 「 第49回 奈良県美術人協会展 」のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 5月17日
「第49回 奈良県美術人協会展 」のご案内
 ・日 時=2018年5月16日(水)~20日(日)
      AM10:00~PM5:00 最終日はPM4:00まで
 ・会 場=奈良県文化会館 1階展示室
   ext_link 奈良県文化会館のホームページ
   ext_link 奈良県文化会館の開催案内
 ・展示部門=日本画・洋画・彫刻・工芸・書芸・写真の6部門

  ☆私は「写真部門」にて、「My Way」と題し、
   A1サイズ カラー写真1点を出展致します
☆「 第49回 奈良県美術人協会展 」は、5/20盛況のうちに閉幕致しました。

☆「 神降りの風道 龍田古道写真展 」は、5/15盛況のうちに閉幕致しました。
 今回は写真展と講演会が併設されましたもので、シャープ社友会の方々にも
 沢山ご高覧(1日約80名)・ご清聴(大雨の中75名)戴きました。
 社友会HPで呼びかけ願った掲載のお蔭と厚く御礼申し上げます。
 澤さんから礼状が届いています photo ←ポイントするとPOPUP表示します
△このページのトップへ戻る wish

 ☆蓮生会の合同展「心なごむやさしい仏画展」開催のお知らせ
 西浦 毅さん(730)から
掲載日:2018年 5月11日
 西浦道顯の筆名で水彩画や日本画と気儘に筆を運んでいます。
「仏画」に出会って二十余年、ひたすら御仏の尊像を描いて参りました。
 この度、蓮生会の合同展「心なごむやさしい仏画」展を開催します。
来観いただいた皆様にも楽しんで頂けるようにと願っています。
是非多数のご来観お待ちしております。
【会期】平成30年5月15日(火)~20日(日) 午前10時~午後5時
    (初日は1時より 最終日は4時まで)
【会場】堺市立文化館 ギャラリー 2階 つつじ&しょうぶ(入場無料)
    JR阪和線堺市駅前 ベルマージュ堺弐番館 2F
    〒590-0014 堺市田出井町1番2-200号 ℡072-222-5533
【監修】西浦道顯    ext_link 西浦道顯のホームページ(お知らせ)

    お気軽にお立ち寄り下さい。
☆蓮生会の合同展「心なごむやさしい仏画展」は、5/20盛況のうちに閉幕致しました。
 尚、この館では アルフォンス・ミュシャン館 も開館されています。 入場料500円 65歳以上は証明書で無料です。この機会にどうぞご観覧下さい。
 ※ 案内状・地図をクリックすると大きくなります。 左右の < > で案内状/地図が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 時の流れを訪ねて【第12回】 山陰本線 二代目余部橋梁
廣田直昭さん(0443)から
掲載日:2018年 5月 1日
「だんぢり」で有名な大阪府岸和田生まれの廣田です。
 戦後の不況時に当時の「早川電機工業」へ入社しテレビ試作に
 従事、以来退社する迄ずっとテレビ畠でした。 現在は社友会
 のSSフォトクラブ・アマチュア無線同好会で楽しんでいます。 JQ3IEM
photo
  1909年着工 1912年に開通した初代餘部橋梁の架け替えについては、半世紀後の
 1960年代に検討された結果、橋梁の補強改良案が採用された事で以降は保守・補強
 作業に留まっていました。
  列車転落事故後風速規制を 25 m/s から 20 m/s に強化したので、特に冬季間の
 強風時には列車の遅延、運休がたびたび発生しました。
 列車運行の安全性向上と定時性の確保を図る為に、平成3年に専門家による調査検討
 が行われ旧橋梁に防風壁を設置する事も含め様々な技術検討がなされた結果、防風壁
 を備えたコンクリート製の橋梁に架け替える事になりました。
  二代目余部橋梁は2007年3月29日に着工、2010年8月12日に開通しました。
 総事業費30億円、位置は旧橋梁よりも約7m内陸側で、餘部駅のホームが線路の南側
 から北側に変更されました。  上部は桁上高さ5mの主塔から張られた斜材が桁を
 吊っており、下部は橋脚4基と橋台2基で構成。高さ1.7mの透明アクリル製防風壁を
 整備して、風速 30 m/s まで運行可能としました。
 これにより定時性確保の向上が図られ、コンクリート製となって橋梁上にバラストも
 敷かれた為に騒音も大きく軽減されました。
  落下物に関しては20年確率での積雪量を想定した貯雪スペースを設けた構造にして、橋下への落雪を防止するなどの各種対策が施されました。
 また、将来的に電化される場合にも対応できる構造となっています。 デザインは直線で構成されたシンプルな美しさ風景にとけ込む透明感が魅力的
 な部分で、旧橋梁のイメージを取り入れて薄い橋桁にするなど、スレンダーで直線的なイメージを継承するように設計されました。
  2010年8月12日早朝、ディーゼル機関車による試運転列車が最初に新橋梁を渡り、定期列車の初運行は午前6時半過ぎの始発列車で、地元住民約
 120人が乗車して新橋梁を通過し開通を祝いました。こうして二代目余部橋梁は、日本一の初代餘部橋梁の誇りを受け継ぎ運用が開始されました。
 初代同様眺望も美しく新たな余部のシンボルとなっています。

 ※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
photo photo photo photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo photo photo photo 【余部橋梁の場所】←クリックすると開きます 【餘部駅と余部橋梁】←クリックすると開きます

◎連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のページもご覧ください。 第1回からご覧頂けます。  >連載:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
◎写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」のスライドショーもご覧ください。  >写真集:「時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ふじた会写真展のご案内
石野文興さん(1269)から
掲載日:2018年 4月26日
 本年も下記の要領で、ふじた会 写真展を開催します。

 日時 2018年5月23日(水)~5月27日(日)
    10:00~18:00 最終日は16:00まで

 場所 ギャラリー・白雲 (地下鉄西梅田駅 JR大阪駅)

 ☆社友会SSフォトクラブからからは、案内はがきのアンダーラインの
 5名が出展します。

 久しぶりの「人間讃歌」のテーマでの開催です。
 「ネイチャーでも、人の営みが感じられる写真を!」

 多数のご来場をお待ちしています。

 ☆「ふじた会 写真展」は、5/27盛況のうちに閉幕致しました。

 ※ 案内はがき・会場案内図をクリックすると大きくなります。元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 北井 勲の独り言(2) 「気配を感じる」
北井 勲さん(2724)から
掲載日:2018年 4月23日
 現在の日本の住宅ほど均質的なものは無いだろう。東京から窓越しに見える住宅は大阪迄ほぼほぼ
同じ顔をした家で埋め尽くされて、本来豊かな表情をしている筈の地方特有の表情は失われた。
日本列島北から南まで豊かな地域文化があったのに最早今はその存在を捜すのも難しいほどである。
これだけ、地域創成が声高に叫ばれているにも拘らず、掛け声倒れに終わり実情は金太郎飴もどきに
陥っている。かつて住宅は地方の季節を上手く捉えて、その風土に併せ暮らしの基本と位置づけられて
いた。 その風土の中で歴史や文化が育まれ、それらに囲まれての暮らし方をしていたように思う。
 奈良の伝統的な家の中の一コマであるが、障子を少し空けて外の空気や気配を敏感に感じとれる家の
作りは今では見られない。 気配を感じるような家は捜すのが難しくなった。
頑に家を守る人が居られるのは地域にとっては非常に嬉しいことなのである。
周りを取り巻く家々と、この家の関係が心地良いのである。この地域在りの、この家の存在と言える。
 随分昔の話になるが、出張で栃木工場に行く電車の中から真夏の田んぼの中の一軒家を見つけた。
家の周りの戸の全てを開放し、田に吹く風と一体化した光景はいまだに記憶の中に残る。
 日本の家の在り方の原風景なのだと。 あの家で昼寝したい…。
photo


◎北井さんの特集:「北井 勲の独り言」を第1回からご覧いただけます。  >特集:「北井 勲の独り言」
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 「 神降りの風道 龍田古道写真展 」のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 4月16日
「 神降りの風道 龍田古道写真展 」のご案内
 ・日 時=2018年5月10日(木)~15日(火)
      AM10:30~PM4:30(*水曜休館日)
 ・会 場=生駒郡三郷町立図書館(1階視聴覚教室前ロビー)
 ・協 賛=風の郷 龍田古道プロジェクト
  撮 影=澤 戢三 しゅうぞう(三郷町の風景をテーマにした写真展です)

★写真展と同じフロアーで写真講習会を開催します。
「 写真講演会 〜写真の撮り方いろいろ〜 」のご案内
 ・講 師=写真家 澤 戢三 しゅうぞう(三郷町在住)
 ・日 時=2018年5月13日(日)
 ・開 場=PM1:30
 ・開 演=PM2:00〜
 ・会 場=生駒郡三郷町立図書館(1階視聴覚教室) 入場無料
 ご高覧ご清聴のほど宜しくお願い致します。
   ext_link 三郷町立図書館HP http://www.lib.sango.nara.jp/
 ・お問い合わせ=三郷町立図書館三郷町立図書館(TEL:0745-73-1419)
 ・アクセス=JR大和路線・王寺駅から、近鉄生駒線乗換一駅:信貴山下駅
  下車改札出口前 乗用車無料駐車場有り

☆「 神降りの風道 龍田古道写真展 」は、5/15盛況のうちに閉幕致しました。
 今回は写真展と講演会が併設されましたもので、シャープ社友会の方々も沢山ご高覧(1日約80名)・ご清聴(大雨の中75名)戴き、
 社友会HPで呼びかけ願った掲載のお蔭と厚く御礼申し上げます。  澤さんから礼状が届いていますphoto ←ポイントするとPOPUP表示します
△このページのトップへ戻る wish

 ☆(旧)電化機械計算課OB同窓会を開催致しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 4月14日
 去る4月12日(木)に、高津さん、卯尾崎さんの幹事の元開催致しました。
午前10時に近鉄「飛鳥」駅に集合し、明日香村の散策にスタート致しました。
先ず「国営飛鳥歴史公園館」に立ち寄り、明日香村観光ジオラマ等を見学し予備知識を得ました。
メインの石舞台を目指しましたが、途中で「亀石」を見学したり、明日香村の長閑な風景を楽しみ
ながらの散策でした。

小生にとっては明日香村の訪問は何十年振りかでしたので、様変りした風景に吃驚した次第です。
メンバーの中に明日香村に詳しい方が何人か居られ、その方々の先導で目的地の「石舞台」に到着
しました。 記念写真の撮影や石舞台内部の見学等で楽しい時間を過しました。
 12時過ぎに食事処の「橿原神宮前」近くのホテルを目指し石舞台から再スタートしました。
途中で飛鳥寺を通過しながらホテルを目指しましたが、時間的な事もあり都合よく来たバスに乗車
して目的地に到着しました。 結果的には6~7Kmのハイキングになり好天にも恵まれ運動不足の
解消にもなりました。

 昼食は「橿原ロイヤルホテル」の和食「まほろば」にて、各自の近況報告や最近の世間の話題に
花が咲き、ご馳走に舌鼓を打ちました。

 次回の幹事は松下さんに決定し、来年4月11日(木)に再会する事を約束し散会致しました。
photo

photo
ポイントすると名前が表示されます ➡ お名前? photo
photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 「第13回(旧)電化機械計算課OB同窓会」 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第77回 シャープOB「二水会」を開催しました
津垣直彦さん(1455)から
掲載日:2018年 3月17日
 「二水会」は、旧電化事業本部のデザイン、技術、間接部門等のメンバーを中心に平成7年
に第1回目を開催し、以降年3回開催しております。
 今回、(第77回)シャープOB二水会を開催致しましたのでご紹介致します。
 去る3月14日(水)に大田孝さんの幹事で第77回目を開催しました。
午前10時に京阪本線「樟葉駅」に14名が集合し、京阪バスで「大芝・松花堂前」まで乗車し、
先ず優美で風雅な癒しの空間「松花堂庭園」を11時まで散策しました。

散策後は隣接する「京都・吉兆松花堂店」に移動し、昼食懇親会を行いました。
今回より参加されました元(電化)研究開発部に居られました天野廣夫さんからのご挨拶があり、
続いて恒例の山下信夫さんからの病気や薬に関する講和を頂戴致しました。
その後は美味しい松花堂弁当を会食しながら、楽しい歓談の場になりました。

この会も回を重ね今回で77回目になりましたが、当面は80回を目指し更に100回を目標に進めて
行くことを全員で誓い合いました。

 昼食後は又京阪バスに乗車して「八幡山駅」まで移動し、更に「八幡山ケーブル」に乗車し
「石清水八幡宮」に参拝しました。

絶好の好天にも恵まれ参加者全員が有意義な一日を過す事が出来ました。
photo

photo
ポイントすると名前が表示されます? ➡ お名前? photo
photo photo photo photo photo
photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第76回シャープOB二水会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 2018・ZERO展のご案内
泉川博之さん(2690)から
掲載日:2018年2月20日
 社友会の皆様、何時もお世話になり有り難うございます。 ここ何日か寒い日が続いていますが風邪等引かれていませんでしょうか。
この度、「2018・ZERO展」が下記日程で開催されます。
【期  間】2月27日(火)~3月4日(日)
【開催時間】9:00~17:00(入場は16:30まで)入場無料
【開催場所】大阪市立美術館地下展覧会室 (JR:天王寺/新今宮、地下鉄御堂筋線:動物園前/天王寺)

期間中は木曜日を除いて会場にいる予定です。但し、朝が弱く、12時位からになります。(努力はいたしますが・・)
寒さに震えながら1月末から作品制作いたしました。アトリエは地下・コンクリート・外気侵入(暖房なしで外より寒い?)
お陰で足のしもやけと手のアカギレに悩まされました。(まるで「おしん」の時代みたいやな、と笑われました)と最悪のコンデションでしたが、
描き出したら小学生の遠足の前の夜のようにワクワク・ゾクゾク本当に楽しく、最高の気分で描けました。
(1年3か月で達成しました私の「ベターッと開脚」photoの姿も・・・)
毎日、絵を描き終わると寒さのための疲れで体が動かなくなるのを感じながら・・・でも不思議ですね、風邪ひきません。
下記の2点を出展致します。 ※緑色の文字の個所は、マウスポインターを合わせるとPOPUP方式で表示されます
 ・「最高の気分2018-Ⅱ」photoS100・S100組品3m20cm1m60cm 地下アトリエと上の建物
もう1点は昨年の春、京都造形芸術大学・大阪クラブ絵画展に出展した作品です。
 ・「最高の気分2018-Ⅰ」photoS100・S100組品3m20cm1m60cm アトリエ近くの喫茶「館」
今回のZERO展では0号公募展も同時開催です。3点photo出展予定。これも見て下さいね。(日展も同時開催中です)
 お目にかかれる日を楽しみにしています。 ※2018ZERO展大賞を頂きました。
photo photo photo photo photo
 ※ 作品をクリックすると大きくなります。 左右の < > で作品が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
 ext_link 第6回京都造形芸術大学大阪クラブ絵画展 の記事、  ext_link 2017・ZERO展のご案内 の記事もご覧ください。 ※作品の表示が多少遅れます
 ☆ 2018・ZERO展は、3/4盛況のうちに閉幕致しました。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 「第2回 写悠会写真展」のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 2月11日
「第2回 写悠会写真展」のご案内です。
・日 時=2018年2月20日(火)~2月25日(日)
      AM10:00~PM5:00(最終日はPM4:00)
・会 場=入江泰吉記念 奈良市写真美術館
・会員16名による、バリアブルなテーマによる写真展です。

・私は、写悠会講師として、賛助作品としてA3ノビサイズ「ムーブメント」2点を出展致します。
・ご高覧ご高評のほど宜しくお願い致します。

 ext_link入江泰吉記念 奈良市写真美術館
 ext_link澤 戢三のホームページ 澤(STUDIO38)
photo photo

 ※案内状・地図・写真をクリックすると大きくなります。元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
 ☆ 第2回 写悠会写真展は、2/25盛況のうちに閉幕致しました。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆シャープ神奈川やまゆり会・新年会に参加しました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 2月 8日
 1/27(土)横浜市中区山下町の横浜中華街「大珍楼(香港海鮮飲茶料理)」 photo に11名が集まり歓談しました。
 横浜に向かう新幹線内で「シャープが平成29年4~12月期に4年ぶりに黒字、営業益3.7倍」とニュースが表示され、同行者一同歓喜しました。
 新年会では、プロ野球横浜DENAベイスターズの日本シリーズ進出・球団経営の模様や、各人の近況報告等で語り合いました。
 参加者から、「横浜悪童ずクラブ(近畿圏在住の横浜シャープOB)」と合同で、新年会を名古屋あたりで開催をとの提案もされました。
 機会をみて同メンバ-の皆様に諮ってみたいと思っています。
photo photo photo photo
 ☆皆さんの近況報告や話題 photo ←ポイントするとPOPUP表示されます

photo photo photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 2016年シャープ神奈川やまゆり会・暑気払い会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆横浜悪童ずクラブ新年会(近畿圏在住OB)を開催しました
崎山 喬さん(2439)から
掲載日:2018年 2月 8日
 1/23(火)大阪市阿倍野区のアベノアポロビル9階の「中華料理 楓林閣 阿倍野店」に6名が集まり、1年ぶりに歓談しました。
シャープが約1年4ヵ月ぶりに東証一部に復帰し、業績の回復を果たしている事を喜び合い、各人の近況等語り合いました。
横浜シャープ勤務当時の出来事、懐かしい同僚・女性社員の出席要望等で話が盛り上がりました。
桑名市や高松市の遠方からも参加され、良きメンバーに恵まれているからこそ同会が続けられていると感謝しています。
 毎年この時期に開催が恒例となっています。 今後もできる限り継続したいと思っております。

photo photo photo photo
 ポイントすると名前が表示されます➡ お名前? photo  ☆皆さんの近況報告や話題 photo ←ポイントするとPOPUP表示されます
photo photo photo photo photo photo photo
※ 写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 2017年横浜悪童ずクラブ新年会(近畿圏在住OB会) の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆第14回電子レンジOB会を開催しました
高木 寛さん(3954)から
掲載日:2018年 2月 2日
 少し旧聞になりますが、電子レンジOB会を開始しましたので、ご報告いたします。
今年で14回目になる電子レンジOB会を、2017年(平成29年)11月23日(勤労感謝の日)に63名の参加で「なんば敦煌」で開催いたしました。
 藤原OB会会長のご挨拶も待ちきれずに、毎年の事とは云え懐かしい面々との再会に、お互い年齢を重ねたことも忘れ活気ある話の輪が広がり
ました。 司会やご挨拶の内容もそっちのけとなって、あっという間の2時間半が過ぎ再会を約し名残惜しく散会となりました。
 「ドタキャン」に始まり、「コート・帽子の取り違え帰宅」に終わったOB会でした。
        ※今回から写真や会員近況を含む配布資料をWebにアップロードしました。 興味のある方は、幹事までご一報ください。
photo

photo photo photo
※写真をクリックすると名前入りの写真が表示されます。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
ext_link 第13回電子レンジOB会 の記事もご覧ください。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆「フォトクラブ大峰」創設30周年記念写真展のお知らせ
小島誠孝さん(1639)から
掲載日:2018年 1月17日
photo
【開催期間】2018年3月9日(金)~3月22日(木)
 ☆フォトクラブ大峰創設30周年記念写真展は、3/22盛況のうちに
  閉幕致しました。 ご来場、ありがとうございました。

【開場時間】10:00~18:00 ※最終日は15:00で終了
【会  場】オリンパス・ギャラリー大阪(MID西本町ビルphoto
 ※緑色の文字にマウスポインターを合わせると地図がPOPUP表示されます
      大阪市西区阿波座1丁目6番地1号
      TEL 06-6535-7911
         地下鉄 四つ橋線本町駅22番・23番出口より徒歩約3分
        (中央線本町駅より徒歩約5分 御堂筋線本町駅より徒歩約8分)
 私の所属する「フォトクラブ大峰」という写真クラブの創設30周年記念写真展の
案内です。 フォトクラブ大峰(PCO)は創設以来、奥吉野(大峰・台高山脈、果無・
奥高野山系)を中心に紀伊山地の自然風景を一途に撮影してまいりました。
 紀伊半島は70%が山岳地帯といわれ、1300年以上前から大自然と人との関わり
が伝えられる山岳文化発祥地域でもあります。

 そこは“果無 はてなし”と言われるほど山は深く、大小の渓谷は未だ数さえ正確に分かって
いません。 そんな未知の領域に限りない魅力を感じ、先駆者の足跡を拾い、四季
の彩り豊かな稜線の峰々、千古不斧の森林、希少種の花々、我が国でも屈指の渓谷、
懸崖に架かる巨瀑・奇瀑や清流の深淵・碧潭を撮らえて参りました。
ここに、その作品の一部を“大峯”という表題のもとにご紹介させていただきます。
 写真という限られたフレームの中ではありますが、紀伊山地の大自然を想像し、
垣間見て頂くことができれば幸いです。

【フォトクラブ大峰の略歴】
1988年2月1日 大峰・台高山脈、果無・奥高野山系を中心に紀伊山地の自然風景に
特化して撮影する写真クラブとして小島誠孝ほか旧シャープ山岳部員数名で創設。
1988年10月第1回写真展開催、以降年1度のクラブ展を開催。
1993年創設5周年にはTBS、NHKにクラブ取上げ。1998年創設10周年では(株)山と渓谷社の雑誌「大峰・大台特集号」を担当。 2002年奈良県(世界遺産登録実行委員会)の委託でガイドブック「吉野・大峯の古道を歩く(紀伊山地の霊場と参詣道)」を山と渓谷社から出版に参画。
2018年、雑誌「山と渓谷」3月号に特集グラフ掲載。
4月~9月ハルカス大学にて「紀伊山地の撮影ポイント紹介講座」開催予定。


  ※小島さんの写真集:「名山案内」のスライドショーもご覧ください。 写真集「名山案内」←クリックしてください
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ フォトジェニックなお山 第6回「二上山写真展」のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 1月12日
 ・16名による二上山を統一テーマにした写真展です。
 ・私は、全紙サイズ2点(二上山夕映・二上山薄暮)を出展致します。
 【開催期間】2018年1月27日(土)~2月18日(日) ※1月31日(水)は休みです
 【開場時間】AM10:00~PM5:00 (最終日はPM3:00で終了します)
 【会  場】古民家ギャラリー「ら・しい」(當麻寺境内横、北側通り)
       近鉄南大阪線当麻寺駅下車徒歩10分
        ext_link古民家ギャラリー「ら・しい」
 ・ご高覧ご高評のほど宜しくお願い致します。
        ext_link第5回「二上山写真展」のページもご覧ください
  澤 戢三のホームページ  ext_linkSTUDIO38(スタジオ サワ)
photo photo photo
 ※ 案内状・写真をクリックすると大きくなります。 左右の < > で写真が切替ります。 元の大きさに戻す時は×をクリックしてください。
 ☆ フォトジェニックなお山 第6回「二上山写真展」は、2/18盛況のうちに閉幕致しました。
△このページのトップへ戻る wish

 ☆ 東大寺の修二会(お水取り)展のご案内
澤 戢三 しゅうぞうさん(2453)から
掲載日:2018年 1月 1日

 新春、東京日本橋の三越百貨店前の「奈良まほろば館」にて東大寺の修二会(お水取り)展が開催されます。
・日  時=1月10日(水)~24日(水)AM10:00~PM7:00
・イベントタイトル=「東大寺の修二会(お水取り)展」
・場  所=東京:奈良まほろば館photo(東京都中央区日本橋室町1−6−2)
・実施概要    ※緑色の文字にマウスポインターを合わせると地図がPOPUP方式で表示されます
 パネル展示=JR東海ポスター / 澤 戢三 お水取り紹介パネル / お水取りポスター
 立体物展示=東大寺修二会に使われる「紙衣」「さしかけ」(東大寺より借用)
 モニター =JR東海CMを放映
 講  座 =1月13日(土)PM4:00~5:30 東大寺:森本公穣 師
       ※お水取りをテーマにした内容です
photo
photo photo

☆ 東大寺の修二会(お水取り)展は、盛況のうちに閉幕致しました。
  ext_link STUDIO38”(スタジオ サワ)のホームページ も御覧ください
△このページのトップへ戻る wish

 ※こちらもご覧ください
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 東海道五十三次踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 川越街道 踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  猪崎 徹さん(3710)の 「連載 : 中山道六十九次踏破記録」 ←クリックすると開きます。
  嶋田 博次さん(5108)の 「特集 : 季節の便り」 ←クリックすると開きます。
  廣田 直昭さん(0443)の 「連載:時の流れを訪ねて 鉄道今昔物語」←クリックすると開きます。
  金井 猛さんの(5158)の 「特集:ぐんま便り」←クリックすると開きます。
  北井 勲さんの(2724)の 「連載:北井 勲の独り言」←クリックすると開きます。
※2013年・2014年投稿の記事は、社友会で保存しています。 ご覧になりたい方は、社友会宛にメールで依頼してください。
<2018年投稿記事:掲載期限>表示中
registry シャープいい暮らしストア wish