***第33回JAIGミーティングinドイツ参加報告***


                       
    JK3IYB 西 彰

   2017年5月18日~21日に、JA3AER 荒川さんとドイツで行われました、
  第33回JAIG ミーティングに参加しました。
  (「JAIG 」とは、Japanese Radio-Amateur's In Germany の略で、
           日独友好の目的で 1985 年に設立された友好団体です) 
   
                   
   当初は、ドイツに在住する日本人ハムや日本に興味のあるドイツ人ハムが 、
  年1回の公式ミーティングや小さな集まりを開いていましたが、現在では、
  メンバーが 500 人を超え、ドイツにとどまらず世界各地で活躍しています。
   日本でも、2000年、2004年、2010年に開催され、小生、荒川さんは参加
  しています。

   今年は33回目の集いで、Freiburg im Breisgauという、スイスとフランス
  の国境に近い、南ドイツの街で開催されました。
   この街は大学都市としても有名で、日本人留学生も多いところです。

   この ドイツでのJAIGミーティング には、荒川さんは、過去イギリス駐在時代
  に4回(1992年、1994年、1995年、1997年)参加されており、今回が
  20年ぶりの参加とのこと、又、小生は2年半前に別件で訪独しているものの、
  初参加でした。

   この集いは、東南アジアで行われている SEANET のように、無線室の特設
  シャックはなく、純粋にアイボールQSO という特徴があります。

   今回集まったのは、ハム本人のほかに、その家族なども含めておよそ 50人で、
  その内、日本から参加したのは、我々2人のほかに、JA9IFF、JQ1NRO 中島
  夫妻、JA3PE/1 大西OMの5名です。

   関空からフランクフルト空港まで、直行11時間の旅はやはりエコノミークラス
  の狭い座席ではかなり疲労がたまりました。
   小生はもっぱらビール飲んで寝てましたが、到着まで3度はトイレに行きました。

   フランクフルト空港には、DB (Deutsche Bahn =ドイツ国鉄)が直接乗り
  入れているので、遠い道のりに悩むことなく、事前に購入しておいた指定乗車券
  でおよそ3時間の車窓の景色を楽しみながら無事目的地に着きました。

   フライブルグでは、現地に住んでおられる日本人ハム DJ0ER 長倉さんが、
  自動車で出迎えていただきました。

   この街は、南ドイツの大学都市で日本人留学生も多く、又、ドイツで一番
  日照時間の長い都市だと言われています。

   現地到着は、夜8時過ぎだったが、驚くなかれその時間でも、まだ太陽が照っ
  ていました。(写真添付)

   自動車で半時間ほど走り、静かな郊外の Waldkirch(ヴァルトキルヒ)と
  いうところにあるゲストハウスに無事到着、すでに先に到着している数人の仲間
  と早速ガーデンパーティーとなりました。

午後8時のフライブルクの街並み  ゲストハウス 
   
   フライブルクの市内観光で気づきましたが、この都市は日本愛媛県松山市
  と姉妹都市関係にあり、市庁舎の前の道路に、それを示すデコレーションが
  埋め込まれてました。
  道路は,歴史を感じる石畳の舗装なので,ちょっと歩にくい感じがしました。
 
市内観光で説明を聞く仲間たち   市庁舎前、松山市の文字の石畳  
   
   2日目、ライン川の国境を越えたフランス領のコルマールへ、この日はあい
  にくの雨で気温も低く、レインコートに傘といういで立ちで、訪れたのは有名
  な美術館でしたが、我々はそれよりも,「NAGOYA」という看板の出た日本
  料理屋を見つけて、食べた昼食がおいしかったです。

   3日目,この南ドイツで有名な Schwalzwald(シュヴァルツヴァルト=
  黒い森)地方を探索、日本の白川郷のような、古民家があり大変興味深かった。
  黒い森と言われる由縁は,この地方はほとんどの山にもみの木が生えていて、
  この樹木の葉の色が濃い緑色で、一見黒っぽい森に見えることからのようです。

   この他、時計博物館など、貴重な体験をして4日間の滞在を終え、再び長倉
  OMの世話になりフライブルクからカールスルーエ,マンハイムを経由して
  フランクフルト国際空港に無事帰着、翌朝7時半関空に帰国しました。

   次回,来年の JAIG Treffen の会場は未定ですが、又、行ってみたいという
  気持ちもあります。
 
シュヴァルツヴァルト=黒い森  ドイツの白川郷? 
   
 食卓の上に置かれていたバナー
 路面電車道は、右側通行です。