dumy
「風」俳句会
 入会へのおさそい
dumy
「風俳句会」は、平成2年7月に発足し 平成28年9月には会報誌「風通信」の発行も、
 第300号を迎えた伝統の俳句同好会です。
全国の社友会会員、更にはその奥様のご加入も出来ます。ご夫婦での加入も歓迎します。
 □ 既に大阪、兵庫、奈良をはじめ、鹿児島、広島、静岡からの加入もあり、社友会会員の奥様の
  参加も頂いています。
俳句づくりは、決して難しくはありません。四季と共にうつりゆく大自然(万物)から受ける
  感動を、五・七・五の17文字に託して表現するものです。
 □ 俳句つくりは、人の感性を高め、豊かにしてくれ、脳の活性化にも役立ちます。
 □ 現役を終え、社友会に入られ、第2の人生をスタートされた方も、その人生をより心豊かで元気
  なものにしていただけるものと思います。
kazetushin
dumy
☆「風俳句会」への入会要領
① 入会:随時、ご加入いただけます。
② 入会金:無し。会費:月500円。
dumy
平成29年10月~12月の月例俳句会で
披露された句から

・星の海漕ぎ出だしたる月の舟
・新しき杉玉くぐり新酒かな
・秋の空保育園児の声たかし
・新米や百の仕事の賜はり物
・落葉や銀髪のゆく石畳
・山腹の灯り早ばや冬に入る
■兼題は、「落葉」「立冬」「鯛焼」
 「マフラー」と「当季雑詠」などです


・長い影連れて歩くや冬立つ日
・したたかに土を抱きて冬の草
・鯛焼や多めの餡の太つ腹
・止まり木にマフラー並ぶ屋台かな
・一滴の目薬寒の月うるむ
・訪ねきし嫁良く笑ふ師走かな
☆ 進め方
①毎月の「兼題」に基づき、自作の俳句を、会の代表の
 方へ投句します。(郵送、あるいはFAX、メールで)
② 会員からの投句は、作者を伏せて、まとめられ 会員へ
  送られます。
③ その投句表から、佳句を選句(特選句も含め)して、
  報告します。(句会に参加の方は句会へ持参でも)
④ 句会では、互選句・特選句が詠みあげられ、楽しく披講、
  合評(選評、推敲)が進められます。
   ~入会早々の特選句も有りました~
⑤ 句会の内容をもとに、会報誌「風通信」が編集され、
  会員へ送られます。

⑥ 合同自薦句集の随時発行も検討します。
  (平成22年、23年12月に句集を発行してきています)
dumy
☆ 定例句会について
① 毎月第1木曜日p.m.1時~4時頃開催。
② 場所:社友会室
③ 句会では、次回の兼題も選びます。
④ 句会に参加の方は、月会費(500円)の他、
  別途500円(茶菓子代他)頂きます。
●平成30年1月11日(木)、朝9時40分に近鉄・生駒駅に集合し、新年会会場『割烹・のんき』へ向かいました。きっりとした風はあるものの、生駒山の麓は初句会にふさわしく とても穏やかな好天が句会の仲間を迎えてくれました。 会場までは、新年ウォークには丁度良く みんな元気に歩いて向かいました。  会場はとても明るく 床の間もある落ち着いた雰囲気の座敷でした。 まず、お昼の会食を前に初句会を開きました。 みんなの顔も笑顔いっぱいで 初披講の声も和やかで 初句会らしい雰囲気につつまれました。  以下、初句会で話題になった句の一部を紹介します。


 

dumy
dumy
● 会員 和住明次氏の作品が (公益財団法人)落柿舎保存会から秀句として 見事、選ばれま
 した。季刊誌『落柿舎』216号にも作品が掲載されました。  落柿舎は、京都嵯峨野にあり、「風・俳句会」でも 昨秋11月に吟行会として訪れた ところです。落柿舎は同季刊誌の「落柿舎略志」の中に次のように述べられています。 落柿舎は元禄の俳人向井去来の遺跡である。去来は芭蕉の門人で、(中略)芭蕉の最も信頼 した高弟であった。芭蕉は三度もこの庵を訪れたそうです。 この落柿舎の保存会から、秀句として選ばれました。 「風・俳句会」としても大変光栄なことで、これからの作句の励みとして参りたいと思っています。                  (平成27年5月掲載)


~入会のお申し込み及びお問い合わせは~
  社友会室までメール又はFAX(06-6794-8850)でお願いします。
     
1
">